連携医療機関のご紹介 | 医療関係の方へ | 医療法人 東和会グループ 第一東和会病院

〒569-0081 大阪府高槻市宮野町2-17 072-671-1008

文字サイズ

医療関係の方へ

連携医療機関のご紹介

花田内科

内科・循環器科

診療時間
午前9時~12時
午後5時~8時
休診日
火曜・木曜・土曜午後、日・祝日
住所
大阪府高槻市天王町29-2
駐車場
あり(8台駐車可)
電話
072-672-7211
地域に安心のネットワーク。 その中心になるのが第一東和会病院との連携ですね。

多くの専門医と高度な医療設備を持つ病院。しかも夜間でも、緊急でも診ていただけます。

専門医の先生にご意見を伺ったり、病院の先進的な医療設備をかかりつけ医が気軽に利用できるのが地域連携のメリットではないでしょうか。普段着で生活しているエリア内に第一東和会病院がありますので、そのまま歩いて、あるいは自転車に乗って受診することができます。ですから時間的なロスもなく、交通費もかかりません。当院では、第一東和会病院を指定する患者さまも多く私も安心して紹介できます。
 
また、第一東和会病院には、数多くの専門医の先生がおられ、高度な診療をしていただけるところも魅力です。大学病院まで行かなくても高いレベルの医療が地域で享受できるというのは患者さまにとっても大きなメリットではないでしょうか。特に第一東和会病院は、地域ニーズをよく把握されている病院だと常々感心しています。
 
あるとき、休日夜間に強い頭痛を訴える患者さまを緊急受診していただいたことがあります。深夜にもかかわらず脳神経外科の先生が頭部CTやMRIを用い迅速に病態を評価の上、適切な処置をとってくださいました。
 
かかりつけ医は入院のためのベッドを持たないので緊急や夜間の入院・治療を第一東和会病院にお願いしています。そんなときでも断られた経験はありません。仮に病棟のベッドが満床でも、必ず担当の先生が診察してくださいます。ですから地域のかかりつけ医にとっても、患者さまにとっても地域連携という安心のネットワークが形成されているということがいえるでしょうね。
 
第一東和会病院では、入院患者さまについては主治医の先生とは別に地域連携の先生からも節目節目に経過報告が届きます。一人ひとりの患者さまを大切に診ていただいていることがわかり、感謝しています。
 
「ことば」とことばを介さずに表現される「気持ち」を大切に。
産業医で得たいろいろな経験を地域の患者さまにお返ししていきたいと考えています。例えば、「血圧が高いがなかなかコントロールできない」という患者さまの場合、なぜそうなったのかという背景を考えてみます。それは患者さまの生活環境や就労状況が病気と関連していることが少なくないからです。そのために患者さまからいろいろお話をお伺いします。
 
患者さまと対話する中で、どういう考えや希望を持っておられるかを理解するよう努めています。このことは私たちかかりつけ医にとっては、特に重要なのではないでしょうか。
対話の軸となるのは信頼関係ですが、ひとつひとつの「ことば」やことばを介さず表現される患者さまの「気持ち」を診療のなかで感じとることができればと思います。そのためにも患者さまご自身が些細なことでも相談できる雰囲気作りを心がけたいですね。ともかく患者さまの病気がよくなって元気になったと喜んでいただけることが一番ですから。
 
花田内科 副院長
花田 尚志

佐賀医科大学を1986年に卒業後、大阪医科大学第3内科(循環器内科)に入局。1993年から某大手電器メーカーの産業医に。現在は、花田内科で副院長として忙しい毎日を送る。産業医として勉強した新たな経験や発見は、内科医だけでは経験できなかったものだけに貴重な財産に。それを花田医院で生かしていきたいと話す。性格は「温和かな?」と言われるだけに、そのやさしい表情や話し方を聞いていると何でも聞いてもらえそうな安心感のある先生。

当院までのアクセス